大きな残債額がある中でのマンションの買い替えは審査が厳しい

「マンション売却時の残債について」
住んでいる物件を売却したいけれど、住宅ローンの未払い分がある…そんな場合でも、実行する事は可能なのでしょうか? 実は、ローンの未納があったとしても、マンションを渡す事は可能なようです。
「抵当権とは何か」
住宅を購入する際に、ローンを組むと、権利が設定されます。 これは、自動車ローンなどで言う所有権のようなもので、まだ一軒家やマンションの割賦払いが完済されていない事をあらわしています。 そして、ローンの支払いが滞る等すると、この権利によって物件が差し押さえられ、競売にかけられる等して人手に渡ってしまうのです。
「抵当権の解除」
住宅ローンの不払い分が残っているマンションを売却する為には、抵当権を解除しなくてはなりません。 つまり、住んでいる家の融資の完済です。 しかし、残債の額が大きい場合、簡単に用意して完済するという事は非常に困難を極めます。 例えば3,000万円のローンを組んでおり、残債が2,500万円、査定額が1,500万円だった場合、1,000万円の支払額はやはり残ってしまうわけです。 この1,000万円を現金で用意できれば、権利を解除する事ができ、物件や土地を渡す事も可能になります。 ただし、賢くマンションを売却するためには抵当権解除証書と呼ばれる書類が必要になるため、買い替え等で不動産屋さんの協力があればスムーズに進むでしょう。 地域や地方によっては親しさや付き合いが長い場合は取引も上手にできるようになるでしょう。 基本的にはある程度の知識がなければ一般人の知識では良い結果を導くことが難しいために、必ず仲介業者のヘルプやサポートが必要不可欠になります。 そういった意味で信頼できるパートナーとなる相手をまずは探しましょう。 営業成績が欲しいだけの担当では結果的には失敗が多かったり、最終的には購入する方がいなかったりするケースも多い事が特徴です。 出来る限りベテランで経験と知識と情報を豊富に持っている方と相談しましょう。 入社間もない新人とでは結果には雲泥の差があることも否めません。 金額が大きいため数パーセントの比率が何百万円に変わる世界です。 出来る限り行動は早くし、ピッタリのタイミングを逃さないようにする事も欠かせない肝心な事です。

住宅ローンとマンションの売却の際の残債の対策と注意点

「現金が用意できない場合」
抵当権解除のためには、残債の完済が必須となりますが、そのお金が用意できない場合、マンション売却は困難となります。 そこで、買い替えの際に新たに組み直すマンションなどの融資に、現在の未納分を組み入れると言う方法があります。 一見、住宅ローンが大きくなってしまっただけのように思われがちですが、実際には新たに組んだ住宅ローンの方が金利が低かったりする事もあり、一概に「損」とは言い切れないのです。
「残債だけのための借入はない」
マンション売却のためには抵当権を解除する必要がありました。 しかし、査定額と未払い分との間に大きな差額が発生し、現金で用意する事ができないとなると、別の金融機関から借り入れをする必要が出てきます。 ですが、ここで問題となるのが「残債のための分割払いが組めるか」です。 結果から言えば答えはNoです。 通常の多目的ローンなどを利用する事は可能かもしれませんが金利は住宅ローンと比べると高くなってしまいます。 このように銀行には、純粋に残債を完済する事を目的とした割賦払いはないのです。

このページの先頭へ